ページ内を移動するリンクです

おこめナビのサイトでは、アクセシビリティに配慮したWebサイト閲覧のため、スタイルシートを使用しております。

あなたが使用されているブラウザはスタイルシートに非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が無効になっている可能性があります。

そのため表示結果が異なっておりますが、情報については問題なくご利用いただけます。

有機玄米無農薬玄米など地球とヒトに優しいお米通販 全国のお米農家から産地直送でお取り寄せ ーおこめナビ

ここからメインコンテンツです

現在表示しているページの位置
お米を学ぶ

ミルキークイーンを学ぶ

ミルキークイーンを学ぶ

いまさら聞けないお米の基礎。
ここでは、ミルキークイーンを基本から学べる情報をご紹介。


ミルキークイーンの特徴

料亭やホテルなど高級店でよく味わえるのが、ミルキークイーン。難しい言葉ですが、農業界では「低アミロース米の代表格」となっている。

「低アミロース米」初耳ですか??
言葉の如く、お米に含まれているアミロースが少ないお米。アミロースとは何かというと、お米のデンプンの一種です。お米にはアミロースとアミロペクチンという2種類のデンプンがあるわけです。一般的にごはんで食べるお米、これは粳(うるち)米というのですが、これはアミロースが主成分で、お餅などにして食べるお米、これは糯(もち)米というのですが、この主成分はアミロペクチン。

アミロースが少ないと何が良いのか?
アミロースが多いお米はパサパサ系で、アミロペクチンが多いお米はモチモチ系。ごはんで食べるとそのバランスが非常に微妙となるわけで、その中間にあるのが低アミロース米。つまりはコシヒカリやあきたこまちなどのお米よりもモチモチで、かといって炊飯してもべちゃべちゃにはならないで、お米の粒がしっかり残る。という特長がある。

デメリットといえば、玄米や白米時の透明性が少ないとか、お餅のような匂いがするとか、お餅の部分が食べるお米(飯米)としてのデメリットとなる場合がある。


ミルキークイーンの歴史

ミルキークイーンは、コシヒカリの突然変異からできたお米で、低アミロースの代表格。いまでは、ミルキーパールやスノーパール、ミルキープリンセスなど、ミルキークイーンの子供たちがたくさん誕生しています。


ミルキークイーンの通信販売

おこめナビでは、全国のお米生産者が出店しているお米専門ショッピングモールです。全国のミルキークイーン生産者に直接注文、産地直送でコシヒカリが買えます。
ミルキークイーンを買う

おこめを学ぶ

ここからフッターナビゲーションです